piano

出かける先々で
偶然にも バッハの『パルティータ第1番』の曲を聴いたからか…

これはひょっとして「パルティータを最初に弾こうね♪」っていう
メッセージだと感じ、早速ピアノのお部屋へ♪

というわけで
今年の初演奏は、バッハの『パルティータ第1番』からスタート♪
その後、第2番も弾いてみました♪

パルティータ第1番(プレリュード)、気品ある装飾音を入れながら
上行音階続いていく出だしがとても好きで、いつも新鮮な気持ちに
なります。透き通った音色で演奏しつつ、3声もしっかり出しながら
一方で軽やかも保って演奏したくなります。また豪華な5声でのラスト
部分も気持ちが晴れ晴れとして、大好きです。

きっと、気品と華やかさの両方を兼ね備えているところが
私の中の憧れの部分と重なるから、思わず弾きたくなってしまうのかも
しれませんね。

第2番も激しい感じが好きで、よく弾きます♪
こちらはまた改めてアップしますね。

気品と華やかさ、そして強さをあわせ持ちながら
今年も前進していきたいと思います。

そして今年は何よりも
“自己表現”
を目指して。

また
みなさまにとっての
“自己表現”が叶い
ステキな一年となりますように。

本日も心から感謝♡